2018年5月20日日曜日

塩付街道街歩き 

昨年秋に予定されていた昭和区政80周年記念ウォーキングが悪天候で延期となり、
今日、5月19日に開催されました。

桜山駅を出発して、昔の塩付街道を北上。
川澄地蔵など、街道沿いにあるものを見たり、昔を想像したりしながらの散策です。


石仏白山社にある奈良時代の重要文化財の鬼瓦や、
善昌寺の薬師如来の円空仏を見せていただいたのには、感激しました。
また、
この地には、たくさん古墳があったようですし、
御器所大根の漬物が盛んだったのも、塩付街道で運ばれてきた塩があってからこそ。

年号とか、年代とかは苦手な私ですが、
人の生活とつながっての歴史は好きです。
この細い道は、昔の街道だったんだ!など、新しいことを知って、楽しい時間でした。

 





2018年5月8日火曜日

民進党を離党。

この度、民進党を離党しました。
民進党が国民民主党になるにあたり、国民民主党には入党しない選択をいたしました。

これまで民主党、民進党に所属し、多くの方にご支援いただきましたが、
現在の国政政党の動きとは一線を画し、しばらく無所属で活動させていただきます。

無所属という、不安定な立場になりますが、
おかげさまで地域政策集団「新政あいち」が結成されており、
その一員として、県議会での活動は、仲間とともに進めることができます。

国政政党については、しばらく考えますが、
今後とも、谷口ともみへの活動のご支援の程、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年5月3日木曜日

愛知県看護大会にて

昨年の12月議会で質問した性暴力被害者への支援。
看護師さん方にも、対応の仕方をしっかりと学んでいただきたいと要望したところ、
県では早速、県看護大会の講演テーマに選んでくださいました!

講師は、日本福祉大学の長江美代子教授で、八事日赤の「なごみ」の運営にも携わってみえる方です。
講演会は、5月10日14時から、看護職員と一般県民対象に、ウインクあいちで開催されます。
ちなみに看護の日は、5月12日、看護週間は、5月6日~12日です。

大会のご盛会と、看護師の皆さまのご活躍・ご健勝をお祈りします!

2018年4月28日土曜日

「新政あいち県議団」幹事長に就任しました。

4月24日の総会で、平成30年度の「新政あいち県議団」の幹事長に就任することが決まりました。

生活に根ざした政策の展開、議会の見える化などともに、
県議団一丸となって取り組めるよう、努めてまいります。

以下、新政あいち県議団の新五役です。
団 長  高橋正子(一宮市)
副団長  高木ひろし(名古屋市瑞穂区)
幹事長  谷口ともみ(名古屋市昭和区)
総務会長 佐波和則(東海市)
政策調査会長 樹神義和(豊田市)
(”仕事人”的なメンバーです(^^))

「新政あいち県議団」どうぞよろしくお願いいたします!

2018年4月23日月曜日

アンケートありがとうございました。子育て支援、介護支援、女性の活躍・・・

2月にお願いをした「ワーク・ライフ・バランス研究会」のアンケートについて、
お礼が遅くなりましたが、多くのご協力をありがとうございました。

子育てや介護等について、困っていること、困った経験など、ぎっしりと書いてくださった方も多く、また実態に即したご提案もいただきました。
ワーク・ライフ・バランスを進めるにあたって、必要だと思うことに〇もつけていだたきましたが、その〇の傾向からも、育児や家事への男性の参加や、女性の活躍促進について、世代間や男性女性間の意識の違いも見られました。

そうした結果などから、研究会では、今後の介護と仕事の両立支援、特に中小企業にお勤めの方の介護離職防止のための支援に力を入れるべきだとの意見が多く出ました。

国の数年前の調査では約10万人の方の方が介護離職とのデータが出ていますし、
愛知県では、特別養護老人ホームへの入所を待ってみえる待機者が約8000人いらっしゃいます。

愛知県でも中小企業への仕事と介護の両立支援マニュアルを作成し、サポートをしていますが、働いている方、働いていない方への介護についての情報提供を充実させていくことが、アンケートの結果からも求められています。

そして、施策の推進にあたっては、女性の視点もしっかりと取り入れることも要望していきます。

写真は国の資料です。